太刀〈銘長光(大般若長光)/〉 たち〈めいながみつ(だいはんにゃながみつ)〉

その他の画像全2枚中2枚表示

工芸 / 鎌倉 / 関東 

長光
東京都
鎌倉
鎬造、庵棟、腰反高く、踏張強く、切先は猪首ごころに詰り、鍛肌約りて地沸つき乱れ映り立ち、刃文は大丁子乱に互の目交り、匂深く足入り所々に小沸付き金筋かかり、帽子乱込み、表…
長二尺四寸三分 反九分五厘 元幅一寸五厘 先幅七分五厘 鋒長一寸
1口
東京国立博物館 東京都台東区上野公園13-9
重文指定年月日:19311214
国宝指定年月日:19510609
登録年月日:
独立行政法人国立文化財機構
国宝・重要文化財(美術品)

本太刀は、足利義輝より三好長慶を経て、織田信長が所持し、姉川合戦に功績のあった徳川家康に贈られた。その後、長篠の戦功により奥平信昌に与えられた。
「大般若」と号し、室町時代以来の大名物として名高い長船長光の傑作である。

作品所在地の地図

関連リンク

太刀〈銘長光(大般若長光)/〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

太刀〈銘国行/〉
太刀 銘 真光 附糸巻太刀拵
太刀〈銘正恒/〉
太刀〈銘長光(名物遠江長光)/〉
太刀〈銘久国/〉
ページトップへ