黒塚古墳 くろづかこふん

古墳 / 近畿 

奈良県
天理市柳本町
指定年月日:20010129
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

 黒塚古墳は,奈良盆地東部の大規模な前期古墳群である大和古墳群内の前方後円墳である。大和古墳群は,北から萱生古墳群,柳本古墳群,箸中古墳群に大別され,黒塚古墳は,中央の柳本古墳群に属する。この中には国指定史跡である櫛山古墳も含まれる。
 柳本古墳群は丘陵から台地部にかけて立地し,黒塚古墳は西端の台地縁辺部に位置する。昭和36年の奈良県教育委員会による測量調査,平成元年の天理市教育委員会による墳丘調査の後,平成9年・10年に橿原考古学研究所が発掘調査を実施し,主体部の様相が明らかにされた。
 黒塚古墳は前方部を西に向ける前方後円墳で,現状で全長132m,後円部径72m,前方部幅60mの規模を持つ。墳丘は一見良好に保存されているが,中・近世に城郭・陣屋として改変され,墳丘裾や表面は残されておらず,本来の規模,段築などの形状,葺石などの施設は確認できなかった。
 主体部は,後円部墳頂の竪穴式石室である。南北17m以上,東西15m以上の方形の二段墓壙内に,主軸を墳丘主軸に直交させ,構築されている。地震と盗掘により石室上部は破壊が進んでいたが,内部はほぼ当初のままに残され,構築状況や副葬品の配置が明らかにされた。石室壁体の下部は川原石積み,上部は板石を小口積みにし,板石を持ち送り天井をつくる。規模は,内法で,長さ8.3m,幅0.9〜1.3m,高さ1.7m。石室底部には粘土棺床を作り,長さ6.2mの割竹形木棺を置いていた。この石室構築のための作業道が前方部側から墓壙に取り付く。この墓道は木棺安置,石室構築後に埋め戻され,その後排水溝が設けられた。
 副葬品は棺内…

作品所在地の地図

関連リンク

黒塚古墳チェックした作品をもとに関連する作品を探す

埴科古墳群         <BR/>   森将軍塚古墳     <BR/>   有明山将軍塚古墳 <BR/>   倉科将軍塚古墳   <BR/>   土口将軍塚古墳
赤土山古墳
大和古墳群<BR/> ノムギ古墳<BR/> 中山大塚古墳<BR/> 下池山古墳<BR/>
雪野山古墳
津田古墳群
ページトップへ