徳島藩主蜂須賀家墓所 とくしまはんしゅはちすかけぼしょ

その他の画像全10枚中10枚表示

史跡 / 中国・四国 

徳島県
徳島市下助任町・佐古山町
指定年月日:20020920
管理団体名:徳島市(平17・6・17)
史跡名勝天然記念物

蜂須賀家は阿波国,淡路国,25万石余を領した外様の国持大名であり,大名家墓所は徳島城跡の北方約0.9km,吉野川の河口部近くに位置する興源寺と,徳島城跡の南西約2.4km,眉山丘陵の万年山の2箇所に営まれた。
 興源寺墓所は,蜂須賀家の菩提寺である臨済宗妙心寺派興源寺の西方に位置し,周囲を築地塀で囲み,北側に濠をめぐらした約12,000m2ほどの敷地で,藩祖家政から初代至鎮・2代・3代・4代・5代・6代・9代の各藩主の遺体が埋葬されている。7代宗英は京都清浄華院に葬られ,興源寺墓所には遺髪が埋納されている。万年山墓所造営以降の8代・10代・11代・12代・13代の墳墓は遺髪を納めた墓である。藩主以外にも,5代の世子の吉武,8代の養子重矩,12代の後室孝,13代の長女賀代が埋葬されている。このほかに藩祖家政の娘で池田家に嫁いだ万の供養塔がある。また,家政に殉死した渋谷丹波氏紀,至鎮に殉死した民沢作右衛門の墓が,それぞれ主人の墓に寄り添って営まれている。家祖正勝夫妻の拝み墓は,蜂須賀家の墓所区域からやや離れて営まれている。歴代藩主・家族の墓石は,いずれも大型の花崗岩製で,五輪塔,無縫塔,櫛形塔の3形式があり,なかでも寺名の元となった2代藩主興源院忠英の墓石は,高さ4.24mの巨大な無縫塔である。
儒教に傾倒した10代藩主の重喜は,明和3年(1766)11月に,万年山に儒葬による一族の埋葬墓を,興源寺墓所に遺髪を納める墓を営む墓制を採用した。万年山墓所は,眼下に吉野川・徳島城下・徳島城跡を望む標高271mの稜線から山裾部に至る,東側を清林谷,西側を巴蛇…

作品所在地の地図

関連リンク

徳島藩主蜂須賀家墓所チェックした作品をもとに関連する作品を探す

萩藩主毛利家墓所
彦根藩主井伊家墓所
土佐藩主山内家墓所
岡藩主中川家墓所
松前藩主松前家墓所
ページトップへ