長柄桜山古墳群 ながえさくらやまこふんぐん

その他の画像全4枚中4枚表示

古墳 / 関東 

神奈川県
逗子市桜山
三浦郡葉山町
指定年月日:20021219
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

 長柄桜山古墳群は、神奈川県南東部、相模湾に面した三浦半島西岸の付け根付近の 丘陵上に立地した2基の大型前方後円墳からなる。古墳は、平成11年に、携帯電話の中継所建設に伴い山林が伐採された際、地元考古学愛好家による埴輪の採集を契機に、神奈川県教育委員会と財団法人かながわ考古学財団が行った、分布・確認調査により新たに発見されたものである。
 古墳群は海岸近くから東西に延びる丘陵尾根線上に立地する。この稜線がほぼ逗子 市と葉山町の境界となり、いずれの古墳も両市町にまたがって所在する。海岸から約1km内壁側の丘陵尾上に1号墳が、そこから海岸側へ約500m離れて2号墳がある。1号墳からは東京湾から房総半島を見渡すことができ、直下に逗子の入り江が迫る2号墳からは、相模湾から遠くは富士山を望むことができる。
 1号墳は標高約120mの地点に立地し、主軸を北東から南西におき前方部を南西に向けている。墳丘の北側から東側にかけての裾は一部崩れているが、全長90mで、墳丘裾にはテラス状の平坦面がみられる。後円部は径51m、高さ7m、前方部は長さ39m、幅31.5m、高さ約4mで、比較的細身で端部が広がる形状である。葺き石はなく明瞭な段築もみられない。遺物はくびれ部を中心に壺形埴輪や円筒埴輪、土師器が出土している。
 2号墳は標高約100mの地点に主軸を東西におき前方部を西に向ける。墳丘の全 長は約88mで、後円部の径54m、高さ約7m、前方部は長さ34m、幅45m、高さ約8.7mである。前方部西側が丘陵端に位置することもあって前方部の高さが 際だっている。葺…

作品所在地の地図

関連リンク

長柄桜山古墳群チェックした作品をもとに関連する作品を探す

秋葉山古墳群
黒塚古墳
安徳大塚古墳
柳田布尾山古墳
弘法山古墳
ページトップへ