新宮城跡附水野家墓所 しんぐうじょうあとつけたりみずのけぼしょ

その他の画像全2枚中2枚表示

城跡 / 近畿 

和歌山県
新宮市新宮
指定年月日:20030827
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

新宮城跡は、丹鶴城跡とも呼ばれ、大峰山系に源を発し、太平洋に流れ込む、熊野川の河口沿い南岸の標高約60mの独立丘陵上に位置する。
 城跡は、丘陵東部に本丸が位置し、その西南端に天守台がある。本丸に立つと太平洋の沖まで見渡すことができ、沖見城とも呼ばれていた。本丸の西方には鐘の丸、その北に松ノ丸が配されている。松ノ丸には、西方につづらに降りていく大手道がつながっているが、北側にも大規模な船着場や炭小屋群のある水ノ手郭へ降りる石階段が取付いている。また、本丸の北には出丸があり、船着場や熊野川河口などを見渡せる。
  城跡一帯は、熊野速玉大社の東に位置し、平安時代後期には熊野速玉大社の神宮寺的な存在であった丹鶴山東仙寺が所在したとされる。
  戦国期には在地豪族の堀内氏の所領となるが、関ケ原の戦いの後、浅野幸長が、紀伊国を領し、新宮には、一族の浅野忠吉が入城した。忠吉は、新宮城の整備に着手したが、元和5年(1619)浅野氏が安芸国に移ると忠吉も移封され、紀伊国には徳川頼宣が入国し、新宮には頼宣の付家老として水野重仲が入った。重仲は、徳川家康の母方の従兄弟で、頼宣の後見役として3万5千石を領した。水野氏は、尾張・水戸の付家老と同様、待遇は大名に準じ、将軍に拝謁をすることができた。以後、水野氏は、幕末まで10代にわたり新宮領主として当地を支配した。
  重仲は、入部後ただちに城の改修工事を進め、二代重良の時の寛永10年(1633)一応の完成を見た。正保城絵図である「紀伊国新宮城之図」によると本丸を中心に、南西に鐘ノ丸、北西に松ノ丸、西山麓に二ノ丸が…

作品所在地の地図

関連リンク

新宮城跡附水野家墓所チェックした作品をもとに関連する作品を探す

赤木城跡及び田平子峠刑場跡
高知城跡
仙台城跡
彦根城跡
人吉城跡
ページトップへ