近江八幡の水郷 おうみはちまんのすいごう

文化的景観 / 近畿 

滋賀県
近江八幡市
選定年月日:20060126
管理団体名:
重要文化的景観

近江八幡市は滋賀県中央部の平野に位置し、市域の北東部に広がる西の湖は、ヨシ原特有の湿地生態系を示している。近江八幡市の周辺は古くから琵琶湖の東西交通を支えた拠点の一つとして栄え、近世には豊臣秀次が八幡山城の麓に城下町を開き、西の湖を経て琵琶湖に至る八幡堀を開削した。楽市楽座などの自由な商工業政策が行われ、八幡堀沿いの街は廃城以後も在郷町として発達した。八幡堀沿いの街は舟運で結びついて旧城下町と一体的に展開し、現在の市街地の骨格となった。
江戸日本橋で近江商人が取引した商品には、「近江表」「近江上布」など湿生植物を原料とするものが数多く含まれていた。西の湖の北岸に面する円山の集落は近江商人が築いた流通経路を通じて市場を拡大し、ヨシの産地として広く知られるようになった。円山の集落では現在もヨシ加工による簾や葭簀をはじめとする高級夏用建具の製造が行われており、製造業者の数は減少したものの「ヨシ地焼き」などの種々の作業は従来の手法を留めている。「近江八幡の水郷」は、西の湖やその周辺に展開するヨシ原などの自然環境が、ヨシ産業などの生業や内湖と共生する地域住民の生活と深く結びついて発展した文化的景観である。

作品所在地の地図

関連リンク

近江八幡の水郷チェックした作品をもとに関連する作品を探す

近江八幡市八幡(商家町 滋賀)
近江八幡市八幡
大溝の水辺景観
最上川の流通・往来及び左沢町場の景観
利根川・渡良瀬川合流域の水場景観
ページトップへ