二本松城跡 にほんまつじょうあと

城跡 / 江戸 / 東北 

福島県
近世
二本松市
指定年月日:20070726
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

二本松城跡は、安達太良山系の裾野に位置する標高345mの通称・白旗ヶ峯を中心として、南・西・北が丘陵で囲まれ、東方がやや開口するという自然の要害地形を利用して営まれた中世及び近世の城跡である。
 二本松城の歴史は古く、奥州管領畠山国氏の孫畠山満泰が応永21年(1414)、この地に本拠を構えて二本松城と呼んだのが濫觴とされている。天正14年(1586)畠山氏が伊達政宗に滅ぼされた時、城に火が放たれたという。伊達氏支配下を経て、天正18年の豊臣秀吉の奥州仕置によって、二本松は会津に入部した蒲生氏郷の所領となり、以後上杉・再蒲生時代には会津地方の領主の支配のもと、二本松城に城代が置かれた。その後、松下氏が5万石、継いで加藤氏が3万石を以て城主となったが、寛永20年(1643)、陸奥白河から丹羽光重が10万7百石で入封した。丹羽光重は城内の石垣・堀等の修築を行うとともに、城内を含む武家屋敷と、社寺・町家屋敷とを観音丘陵を境に分離移設し、前者を郭内、後者を郭外とする城下町整備を行った。以後二本松藩丹羽氏歴代の居城となった。幕末の戊辰戦争では城は焼失した。城跡は白幡ヶ峯頂上部の本丸を中心に、東側にそれぞれ二の丸、三の丸を縄張りする構造で、東西約560m、南北約640mの規模である。
 二本松市教育委員会では、平成5〜7年に本丸石垣の修築工事を行い、平成10年度から城跡全体の保存活用のため継続的に発掘調査を実施した。その結果、本丸直下の南方平場において畠山氏時代の新城館の火災を整理した大規模な土坑がみつかった。また本丸に残る慶長期時代と考えられる穴太積石…

作品所在地の地図

関連リンク

二本松城跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

仙台城跡
小峰城跡
佐敷城跡
横須賀城跡
徳島城跡
ページトップへ