渋野丸山古墳 しぶのまるやまこふん

その他の画像全6枚中6枚表示

古墳 / 中国・四国 

徳島県
徳島市渋野町
指定年月日:20090212
管理団体名:徳島市(平21・3・12)
史跡名勝天然記念物

渋野丸山古墳は、徳島平野の南を流れる勝浦川水系の多々羅川左岸に位置し、南東に伸びる低丘陵尾根の先端を切断し、5世紀前半に築造された前方後円墳である。この古墳は、阿波地域最大の前方後円墳として古くから知られ、墳丘が一部削平されているものの、後円部や前方部の中央部分をはじめとする、墳丘の主たる部分が全長およそ80mにわたって残存し、全体の形状をうかがうことができる。これまで詳細な調査は行われてこなかったが、平成11年に、古墳南側に隣接する市道の拡幅計画が持ち上がったため、平成11年から平成18年にかけて、徳島市教育委員会が範囲確認のための発掘調査を実施した。
 その結果、墳丘の全長は約105m、後円部直径約69m、前方部長約44.5mである。後円部、前方部ともに3段築成であることが判明した。南側くびれ部には張り出しが取り付く。墳丘周囲の周濠は、南側で盾形、北側で墳丘形状に沿った前方後円を呈する折衷形で、北側くびれ部付近で一部途切れる。周濠まで含めた総長は約118mとなる。墳丘斜面には葺石が施されており、墳丘平坦面では原位置を留める埴輪が検出された。
 出土遺物は円筒埴輪、盾形・家形・衣笠形等と推定される形象埴輪のほか、小型丸底壺等の土師器が出土している。これらの特徴から、古墳の年代は5世紀前半と推定される。
 阿波地域では、弥生時代終末期から古墳時代初頭以来、徳島平野の中央を流れる吉野川水系の鳴門・板野古墳群、気延山古墳群などで前方後円墳が築造されるが、古墳時代中期の前方後円墳は確認されていない。一方この時期に、それまで前方後円墳が全く見られ…

関連リンク

渋野丸山古墳チェックした作品をもとに関連する作品を探す

角塚古墳
黒姫山古墳
野津古墳群
ナガレ山古墳
藤本観音山古墳
ページトップへ