黄林閣(旧村野家住宅 旧所在 東京都東久留米市柳窪) おうりんかく

住居建築 / 江戸 / 関東 

埼玉県
江戸末期/1844頃
桁行24.6m、梁間11.8m、入母屋造、茅葺
1棟
埼玉県所沢市大字坂ノ下437番地柳瀬荘構内
重文指定年月日:19780531
国宝指定年月日:
独立行政法人国立博物館
重要文化財

大庄屋を勤めた農家で、規模が大きく、九間取りの平面をもつ。建ちが高く、座敷廻りは天井も高いなど、江戸時代末期の大型農家の特色をよく示す。改造が少く、保存も良い。この民家は昭和五年に松永安左衛門氏が譲り受けて現在地に移築し、同二十三年に東京国立博物館の所有となったものである。

作品所在地の地図

関連リンク

黄林閣(旧村野家住宅 旧所在 東京都東久留米市柳窪)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

小野家住宅(埼玉県所沢市林)
旧宮崎家住宅(旧所在 東京都青梅市成木)
旧永井家住宅(旧所在 東京都町田市小野路町)
旧高橋家住宅(埼玉県朝霞市根岸台)
森田家住宅(山口県阿武郡福栄村)
ページトップへ