亀甲地螺鈿鞍 きっこうじらでんくら

その他の画像全4枚中4枚表示

平安 / 九州 

福岡県
平安
両輪とも表は磯高く、海は幅狭くして深い。居木は二枚居木で幅広い。総体を黒漆塗として前後両輪の表裏と、居木の表には亀甲形の螺鈿を摺り詰める。両輪の表に施された丸に三引両紋…
前輪高27.9 同馬挟32.1  後輪高30.0 同馬挟37.5
居木乗間長38.8 (㎝)
1背
福岡県太宰府市石坂4-7-2
重文指定年月日:19540320
国宝指定年月日:
登録年月日:
独立行政法人国立文化財機構
国宝・重要文化財(美術品)

海幅狭く、磯はやや扁平であり、居木幅の広いことなど、平安末期のものと考えられ、螺鈿鞍の遺品として古い部類の名鞍である。

作品所在地の地図

関連リンク

亀甲地螺鈿鞍チェックした作品をもとに関連する作品を探す

沃懸地獅子螺鈿鞍
桜螺鈿鞍
萩螺鈿鞍
螺鈿時雨鞍
柏木兎螺鈿鞍
ページトップへ