紙本著色行く春図〈川合玉堂筆/六曲屏風〉

その他の画像全2枚中2枚表示

絵画 / 大正 / 関東 

川合玉堂
東京都
大正/1916
一双
東京国立近代美術館 東京都千代田区北の丸公園3-1
重文指定年月日:19710622
国宝指定年月日:
登録年月日:
独立行政法人国立美術館
国宝・重要文化財(美術品)

場所は長瀞という。溪流に舟水車三つを停め、散り行く桜花に晩春の情感を画く。川合玉堂(一八七三~一九五七)は、独自の自然観照にたち温雅なそして清澄な気品ある作風を展開して、近代日本画の形成に一役割を果たしている。全体に白緑っぼい調子で、表現は穏やかであるが、玉堂壮年期の旺盛な制作意欲を示すもので、「彩雨」(昭和十五、六十七歳)や戦後作「暮雪」(昭二十七)などとともに代表作にあげられる。第十回文展出品。一九一六年(大正五)。

作品所在地の地図

関連リンク

紙本著色行く春図〈川合玉堂筆/六曲屏風〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

絹本著色湯女図〈土田麦僊筆/二曲屏風〉
絹本墨画生々流転図〈横山大観筆/〉
行く春
行く春

川合玉堂

切通しの写生〈岸田劉生筆 一九一五年/油絵 麻布〉
絹本金地著色弱法師図〈下村観山筆/六曲屏風〉
ページトップへ