根本医院門 ねもといいんもん

住居建築 / 江戸 / 関東 

茨城県
江戸/1830-1867
木造、瓦葺、間口2.7m、左右袖塀付
1棟
茨城県桜川市真壁町真壁202
登録年月日:20041108
登録有形文化財(建造物)

敷地南端のほぼ中央に建つ高麗門で,東西に黒板の袖塀が付設し,うち東側袖塀に潜戸が付く。切妻造で,門,袖塀とも桟瓦葺とし,目地を漆喰で塗る。根本家が笠間藩の御殿医を勤めた時期の建設と考えられ,上宿通りの歴史的景観を形成する建造物のひとつ。

作品所在地の地図

関連リンク

根本医院門チェックした作品をもとに関連する作品を探す

土生都家住宅門
鈴木家住宅表門
塚本家住宅門
安達家住宅薬医門
市塚昌宏家住宅表門
ページトップへ