与謝蕪村像 よさぶそんぞう

その他の画像全4枚中4枚表示

絵画  日本画 / 江戸 / 日本 

呉春(松村月渓)
ごしゅん(まつむらげっけい)
江戸
絹本淡彩
92.4cm
1幅
未指定

蕪村は天明三年(1784)十二月二十五日の朝まだきに没した。呉春(1752~1811)はその蕪村に俳諧と絵を学んだ愛弟子である。蕪村の臨終の枕辺に坐していたうちのひとりに呉春がいたが、本図は蕪村の死の直前ないし直後に呉春が描いた肖像で、こけた頬に蕪村の病によるやつれを見ることができる。

作品所在地の地図

関連リンク

与謝蕪村像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

紙本墨画 芋畑図襖
紙本墨画 芋畑図襖

呉春(松村月渓)

青緑山水図
青緑山水図

呉春(松村月渓)

江村至楽図
江村至楽図

呉春(松村月渓)

絹本墨画淡彩白梅図〈呉春筆/六曲屏風〉
紫陽花郭公図
紫陽花郭公図

与謝蕪村

ページトップへ