源平合戦図屏風 一の谷・屋島合戦図 げんぺいがっせんずびょうぶ いちのたに・やしまがっせんず

その他の画像全6枚中6枚表示

歴史資料  絵図・地図 / 江戸 / 日本 

狩野吉信筆
かのうよしのぶ
江戸時代前期
紙本金地著色
各154.5×351.0cm

 『平家物語』に語られる源平合戦の武勇伝やエピソードを屏風の大画面に配置して、俯瞰(ふかん)的に描写したもの。右隻には寿永3年(1184)2月7日の一の谷合戦、左隻には翌年2月19日の屋島合戦を描く。一の谷と屋島合戦図の組み合わせは、源平合戦図屏風の中でも典型的なものだが、本図では人物を比較的大きく描きながら、群集描写を各所に配置し、合戦のエネルギーを表現することに努めている。
 なお、両隻には狩野吉信の落款・印章があるが、喜多院所蔵の『職人尽絵』を描いた吉信とは別人だろう。

作品所在地の地図

関連リンク

源平合戦図屏風 一の谷・屋島合戦図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

源平合戦図屏風 屋島合戦図
源平合戦図屏風
源平合戦図屏風

海北友雪

守峰筆 源平合戦「屋島壇ノ浦図」屏風
一の谷合戦図屏風
源平合戦図屏風
ページトップへ