旧富岡製糸場 首長館 とみおかせいしじょう しゅちょうかん

近代その他 / 明治 / 関東 

群馬県
明治/1873
木骨煉瓦造、建築面積917.03平方メートル、地下室及び四面ヴェランダ付、北面玄関及び廊下・東面教室及び便所附属、桟瓦葺
1棟
群馬県富岡市富岡1番地
重文指定年月日:20060705
国宝指定年月日:
富岡市
重要文化財

 旧富岡製糸場は,明治政府の殖産興業政策に基づいて設立された官営の模範器械製糸工場である。
 明治4年3月に起工,翌5年7月に繰糸所と東西の置繭所が落成,同年10月4日に開業した。繰糸所は平屋建,東西の置繭所は2階建で,ともに桁行100m以上の大規模な木骨煉瓦造である。
 旧富岡製糸場の繰糸所,東西の置繭所等は,明治初期の官営製糸工場遺構で,開業時に近い時期の主要生産施設がほぼ完存しており,高い歴史的価値がある。
 また,木骨煉瓦造を中心とした我が国最初期の西洋式建築の構造技術や建築技法を伝えており,学術的に高い価値がある。

作品所在地の地図

関連リンク

旧富岡製糸場 首長館チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧富岡製糸場 検査人館
旧富岡製糸場 女工館
旧富岡製糸場 蒸気釜所
旧富岡製糸場 鉄水溜
旧富岡製糸場 下水竇及び外竇
ページトップへ