長野聖救主教会 ながのせいきゅうしゅきょうかい

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 明治 / 中部 

長野県
明治/1898
煉瓦造平屋建、鉄板葺、建築面積138㎡
1棟
長野県長野市大字西長野6
登録年月日:20061018
日本聖公会中部教区
登録有形文化財(建造物)

煉瓦造平屋建で北面して建つ。奥行14.5mの単廊式会堂に祭壇を突出する。屋根は切妻造,鉄板葺である。正面は尖頭アーチの入口上部にバラ窓を飾り,両脇に尖頭アーチの窓を開く,側壁と隅部にはバットレスをつける。西洋中世風の小会堂の好例である。

作品所在地の地図

関連リンク

長野聖救主教会チェックした作品をもとに関連する作品を探す

日本聖公会中部教区飯山復活教会
日本聖公会熊谷聖パウロ教会礼拝堂
明治村聖ザビエル天主堂
日本聖公会高崎聖オーガスチン教会聖堂
地蔵堂
ページトップへ