名古屋市東山植物園温室前館 なごやしひがしやましょくぶつえん

近代その他 / 昭和以降 / 中部 

愛知県
昭和/1936
鉄骨造、建築面積595.98平方メートル、ガラス葺
1棟
愛知県名古屋市千種区田代町字瓶杁1番41
重文指定年月日:20061219
国宝指定年月日:
名古屋市
重要文化財

 名古屋市東山植物園温室前館は,園内の中核施設として市土木部建築課の設計により,昭和11年に建設された。
 平面は,中央ヤシ室,東翼のシダ室及び西翼の多肉植物室を東西の花卉室で繋ぎ,中央ヤシ室の正面中央に玄関を張り出している。
 構造は,基礎と腰の部分を鉄筋コンクリート造とし,アングル材を主とした鉄骨で架構をつくり,ガラスを張る。架構の主要部は全て電弧熔接により施工されている。
 名古屋市東山植物園温室前館は,我が国最初期の本格的な鉄骨造温室建築として重要であり,鉄とガラスによる建築物の造形的特質を良く示している。また,我が国最初期の全熔接建築物として建築技術史上,高い価値がある。

作品所在地の地図

関連リンク

名古屋市東山植物園温室前館チェックした作品をもとに関連する作品を探す

名古屋市庁舎
旧東京科学博物館本館
旧名古屋控訴院地方裁判所区裁判所庁舎
愛知県庁舎
綿業会館
ページトップへ