八瀬童子関係資料 やせどうじかんけいしりょう

その他の画像全5枚中5枚表示

文書・書籍 / 南北朝  室町  安土・桃山  江戸  明治  大正  昭和以降 / 近畿 

京都府
南北朝~昭和/1336~1942
741点
京都市上京区寺町通荒神口下る松蔭町138-1
重文指定年月日:20100629
国宝指定年月日:
登録年月日:
一般社団法人八瀬童子会
国宝・重要文化財(美術品)

比叡山西麓の山城国愛宕郡八瀬村民は、中世より「八瀬童子」と呼ばれ、薪炭の生産、商売を生業としつつ、朝廷・延暦寺などの駕輿丁役や雑役を担って、諸課役免除、諸商売免許の権利を得つづけた。本資料群は、特徴ある社会を形成した京都近郊山村住民の活動を伝え社会史上に注目される。

作品所在地の地図

関連リンク

八瀬童子関係資料チェックした作品をもとに関連する作品を探す

北野西京神人文書(九十九通)
寂室元光筆大慧禅師法語
三鈷寺文書(十一通)
脇差〈無銘信国/〉
尾形光琳関係資料〈/小西家伝来〉
ページトップへ