旧毛利家本邸 本館 きゅうもうりけほんてい ほんかん

その他の画像全3枚中3枚表示

住居建築 / 大正 / 中国・四国 

山口県
大正/1916
木造、建築面積1002.80㎡、一部2階建、入母屋造及び寄棟造、西面唐破風造車寄・北面渡廊下附属、桟瓦葺・銅板葺及び鉄板葺
1棟
山口県防府市多々良一丁目15番地1号
重文指定年月日:20111129
国宝指定年月日:
公益財団法人毛利報公会
重要文化財

 旧毛利家本邸は、旧長州藩主の毛利家が大正5年に建設したもので、防府平野に張り出した多々良山の南麓に所在し、南側に庭園、北側に本館ほか複数の棟からなる住宅を配置する。
 本館は、客間や居間、詰所など機能ごとに分けた各棟を、中庭を囲んでロの字に並べた構成になる。このうち客間は、檜柾目の木材や飾金具、金粉を用いた壁紙など贅を尽くした意匠で仕上げる。本館の北側には家政空間をになう各建物が機能的に配置される。
 旧毛利家本邸は、旧長州藩主によって近代に建設された、全体に伝統的な和風意匠を用いた住宅建築である。大規模で複雑な構成の建築を、上質な材料や高度な木造技術による贅沢な意匠でまとめるとともに、コンクリート造や鉄骨造、機能的な配置計画など近代的な建築手法を取り入れており、近代における和風住宅の精華を示すものとして重要である。

作品所在地の地図

関連リンク

旧毛利家本邸 本館チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧毛利家本邸 石橋
旧毛利家本邸 本門
旧毛利家本邸 女中部屋
旧毛利家本邸 門番所
旧毛利家本邸 洗濯所
ページトップへ