中央アジアにおける後期古代仏教文化 新しい絵画/丸天井の天頂帯に描かれた太陽神

絵画  東洋画(日本画を除く) / 中国 

Le Coq, Albert von
中国・クチャ
壁画断片
41x50cm(広さx高さ)
1枚
所蔵:東洋文庫

丸天井の天頂帯に描かれた太陽神。カタログ番号1B8479。サイズ:高さ50cm、幅41cm。発掘場所:クチャ近郊クムトラ。年代:8-9世紀(?)。クムトラのming-oi(ミンゴイ)集落にある寺院19の丸天井の天頂帯には、次のような絵が描かれていた(グリューンウェーデル「文化遺跡」23ページ)。「後輪を抱き甲冑をまとって二輪馬車(ただし馬はいない)に乗った月の神、中央に向かって飛ぶ2羽の白い鳥(ガチョウ)、右手には托鉢用の鉢、左手には上衣をからげて空中を飛ぶ仏陀。」

作品所在地の地図

関連リンク

中央アジアにおける後期古代仏教文化 新しい絵画/丸天井の天頂帯に描かれた太陽神チェックした作品をもとに関連する作品を探す

中央アジアにおける後期古代仏教文化 壁画/壁画の断片
中央アジアにおける後期古代仏教文化 新しい絵画II/1ページ
中央アジアにおける後期古代仏教文化 新しい絵画/1ページ
中央アジアにおける後期古代仏教文化 壁画の図解/海馬石窟から出土した断片
中央アジアにおける後期古代仏教文化 マニ教細密画/大判のマニ教絹製画像の断片
ページトップへ