龍乗院石段及び石垣 りゅうじょういんいしだんおよびいしがき

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 明治 / 中国・四国 

岡山県
明治/1830-1867
石段 石造8段、幅9.0m、石垣 石造、総延長37m
1所
岡山県玉野市東田井地1326
登録年月日:20070731
宗教法人龍乗院
登録有形文化財(建造物)

鐘楼門下に幅約9mの石段8段が積まれ,その西側に石垣が設置され,寺域を画している。石垣の総延長は37mで,高さを2.6mとする。石材加工や積み方はほぼ4区画に分けられ,積まれた時期が異なる。高台に築かれた寺院固有の景観を創り出している。

作品所在地の地図

関連リンク

龍乗院石段及び石垣チェックした作品をもとに関連する作品を探す

寶福寺秋葉宮石垣及び玉垣
鮎川家住宅石垣及び石段
明石寺石垣及び塀
明石寺石段及び石垣
寶福寺開山堂石垣及び土塀
ページトップへ