佐賀県柚比本村遺跡墳墓出土品 さがけんゆびほんむらいせきふんぼしゅつどひん

考古資料 / 弥生 / 九州 

佐賀県
弥生
一括
佐賀市城内1-15-23
重文指定年月日:19960627
国宝指定年月日:
登録年月日:
国(文化庁)
国宝・重要文化財(美術品)

本件は、佐賀県柚比本村遺跡の弥生時代墳墓から出土した、銅剣類七口、及び鉄剣一口、及びガラス勾玉一箇である。
 銅剣類は、木棺墓一基と六基の甕棺墓から出土した、赤漆玉鈿装鞘銅剣一口、石把頭付銅剣一口、銅把頭付銅剣二口、銅剣三口で構成される。このうち、最も注目されるものは、赤漆玉鈿装鞘銅剣である。漆膜を三層に重ね、そこに碧玉を埋め込む技法は、螺鈿、金銀平脱、各種象嵌に共通する極めて高度な漆工技術である。

作品所在地の地図

関連リンク

佐賀県柚比本村遺跡墳墓出土品チェックした作品をもとに関連する作品を探す

佐賀県吉野ヶ里遺跡墳丘墓出土品
対馬シゲノダン遺跡出土品
京都府大風呂南一号墓出土品
筑前吉武遺跡出土品
和歌山県磯間岩陰遺跡出土品
ページトップへ