湖畔〈黒田清輝筆 一八九七年/油絵 麻布〉 こはん

絵画 / 明治 / 関東 

黒田清輝
東京都
明治/1897
1面
東京文化財研究所 東京都台東区上野公園13-43
重文指定年月日:19990607
国宝指定年月日:
登録年月日:
独立行政法人国立文化財機構
国宝・重要文化財(美術品)

 黒田清輝(一八六六-一九二四年)は、近代日本洋画史に最も大きな足跡を残した画家の一人である。明治十七年(一八八四)に渡仏してパリの法科大学に留学するが、転じて洋画家を志してラファエル・コランに師事し、明治二十六年(一八九三)に帰国する。明度の高い色彩による新画風を紹介して洋画界に鮮烈な新風を吹き込み、従来の洋画家たちの旧派に対して、世に新派と称された。明治二十八年の内国勧業博覧会では「朝」を発表し、いわゆる裸体画論争を起こした。さらに同二十九年、久米桂一郎と白馬会を結成する一方、東京美術学校西洋画科の指導を任され、同三十一年に同科初代教授となった。同四十年の文部省美術展覧会開設に際しても、指導的な役割を果たしている。
 麻布キャンバス地に、的確なデッサンと薄めの彩色で浴衣姿の婦人を描く本図は、明治三十年八月、箱根滞在中に芦ノ湖畔で制作され、同年の第二回白馬会展に「避暑」の題名で出品された。黒田は「昔語り」(明治三十一年)や「智・感・情」(同三十年・三十三年に加筆)など、西欧絵画の伝統に基づくいわゆる構想画を日本に根付かせる努力をした一方で、「舞妓」(明治二十六年作、昭和四十三年四月二十五日指定・重文)のような日本的な風物を好んで画題に選んでおり、油彩画の日本的展開の可能性を、多様なかたちで追求したことがうかがわれる。「湖畔」では日常的な題材、すなわち団扇を手に涼をとる婦人像という日本的な主題に、西洋画技法を融合させる試みがなされている。それは例えば、外光をふんだんに取り入れた表現を試みながらも、画面全体を薄青色を主調とする淡い寒色系の色調…

作品所在地の地図

関連リンク

湖畔〈黒田清輝筆 一八九七年/油絵 麻布〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

智・感・情〈黒田清輝筆 一八九九年/油絵 麻布〉
舞妓〈黒田清輝筆/油絵 麻布〉
紙本著色近江八景図〈今村紫紅筆/〉
紙本著色熱国の巻〈今村紫紅筆/〉
北条虎吉像〈荻原守衛作/石膏原型〉
ページトップへ