旧函館区公会堂 本館 はこだてくこうかいどう ほんかん

近代その他 / 明治 / 北海道 

北海道
明治/1910
木造、建築面積886.3m2、二階建、桟瓦葺
1棟
北海道函館市元町11番33号
重文指定年月日:19740521
国宝指定年月日:
函館市
重要文化財

函館区(現函館市)の公会堂として明治42年5月に着工、明治43年9月に竣工したもので、本館と附属棟から構成される。設計者は函館区技師小西朝次郎、棟梁は村木甚三郎である。本館は木造2階建、桟瓦葺寄棟屋根で、1階は中廊下に面して食堂、球戯室、寝室、会議室などの小部屋が配され、2階は大部分を講堂とし、正面にバルコニーを設けている。附属棟は管理人の住居として建設された木造平屋建、桟瓦葺寄棟屋根で、本館と渡廊下で繋がれる。明治時代に建てられた公会堂建築の数少ない遺構であり、我が国を代表する明治洋風建築の1つである。

作品所在地の地図

関連リンク

旧函館区公会堂 本館チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧函館区公会堂 附属棟
遺愛学院(旧遺愛女学校) 本館
遺愛学院(旧遺愛女学校) 旧宣教師館
道後温泉本館 南棟
道後温泉本館 神の湯本館
ページトップへ