菊蒔絵硯箱 きくまきえすずりばこ

漆工 / 室町 / 日本 

日本
室町時代 
木胎漆塗
高4.9㎝ 奥行24.3㎝ 幅22.5㎝
一合
東京都港区南青山6-5-147
根津美術館
重要美術品

方形、被蓋造りの硯箱である。身には、両側に長方形の懸子を収め、中央に硯と金銅製の花文を象った硯を備えている。蓋の肩をわずかに面取りし、削面と器の縁は金地とし、それ以外は全体に黒漆塗りの上に梨子地を施している。
蓋表には土坡、菊、岩、流水を、蓋裏には土坡に松、椿が配され、身にも同様の図が施してある。
技法は、土坡を金の沃懸地と蒔きぼかしであらわし、流水を付描、菊を薄肉高蒔絵と銀平文を主体にして描いている。菊には、一重や八重の花があり、側面や裏側から見たものなど、さまざまなな花の姿が認められる。さらに、花弁に銀鋲を打ち、露に濡れた花の風情を表現している。菊花蒔絵は鎌倉時代に流行し、室町期にも多く行われるが、この硯箱にみるように、鎌倉時代に較べると、多彩な技法で花を表現する重厚な作風となっている。

作品所在地の地図

関連リンク

菊蒔絵硯箱チェックした作品をもとに関連する作品を探す

菊蒔絵手箱
砧蒔絵硯箱
夕顔蒔絵硯箱
春日山蒔絵硯箱
金梨地葵紋花生蒔絵硯箱
金梨地葵紋花生蒔絵硯箱

西条藩松平家伝来

ページトップへ