冨嶽三十六景《駿州片倉茶園ノ不二》 ふがくさんじゅうろっけい すんしゅうかたくらちゃえんのふじ

木版画 

葛飾北斎 (1760-1849)
かつしかほくさい
日本
天保元−天保3年(1830-32)頃
木版多色刷
1

駿河は御茶の名産として有名であったので、このような大規模な茶園もよく見られたのであろう。開放的な空気の中で働く女や男たちの姿が微笑ましい。ただし、片倉がどのあたりであるかはいまだにわかっていない。画中の二頭の馬には茶園とは無関係であるはずの版元の永寿堂の家紋が見える。これまでの版図にもあったように、このように細かいところにまで宣伝が施されているのは、浮世絵版画の世界の版元間の競争が激しいゆえの宣伝であったとの見方もある。この版は、初摺りのイメージのものから、色数を抑え、藍を主体として摺られている。

作品所在地の地図

関連リンク

冨嶽三十六景《駿州片倉茶園ノ不二》チェックした作品をもとに関連する作品を探す

冨嶽三十六景《東海道品川御殿山ノ不二》
冨嶽三十六景《東海道江尻田子の浦略図》
冨嶽三十六景《五百らかん寺さゞゐどう》
冨嶽三十六景《東海道吉田》
冨嶽三十六景《武州玉川》
ページトップへ