冨嶽三十六景《五百らかん寺さゞゐどう》 ふがくさんじゅうろっけい ごひゃくらかんじさざいどう

木版画 

葛飾北斎 (1760-1849)
かつしかほくさい
日本
天保元−天保3年(1830-32)頃
木版多色刷
25.1×37.0cm
1

深川(江東区大島3丁目)にあった五百羅漢寺の三階からの眺め。螺旋状の階段を登ることから栄螺堂と呼ばれ、その眺望は人気があったという。人々の視線や手のしぐさ、床の板目や屋根の勾配など、西洋の遠近法でいうところの消失点が富士に集中しているところは、いかにも北斎らしい試みが伺える。左端の老人が背負った風呂敷には、山型に巴紋の永寿堂の家紋が見える。初摺りのイメージの版には左下に改印(極)、版元印(永寿堂)があり、川面のぼかしに版木の木目を使った表現が鮮明に見え、稚児の着物地の柄の出し方や、墨色の強弱に違いが見られる。

作品所在地の地図

関連リンク

冨嶽三十六景《五百らかん寺さゞゐどう》チェックした作品をもとに関連する作品を探す

冨嶽三十六景《東海道品川御殿山ノ不二》
冨嶽三十六景《東海道程ヶ谷》
冨嶽三十六景《駿州片倉茶園ノ不二》
冨嶽三十六景《御厩川岸より両國橋夕陽見》
冨嶽三十六景《東海道吉田》
ページトップへ