旧尾形家住宅(千葉県安房郡丸山町) 土間 おがたけじゅうたく どま

住居建築 / 江戸 / 関東 

千葉県
江戸中期/1728
桁行8.4m、梁間4.5m、寄棟造、妻入、茅葺
主屋、土間取合部を含む、板葺
1棟
千葉県南房総市石堂301番地
重文指定年月日:19690620
国宝指定年月日:
丸山町
重要文化財

尾形家は中条流の医者尾形宮内を初代とし、その後この地で名主をつとめたこともある家柄の旧家である。この住宅は十八世紀前半に建設された上層農家で、平面は大型農家の一典型を示しており、千葉県内民家の中では重要な遺例である。

作品所在地の地図

関連リンク

旧尾形家住宅(千葉県安房郡丸山町) 土間チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧尾形家住宅(千葉県安房郡丸山町) 主屋
滝田家住宅(千葉県印旛郡白井町)
旧太田家住宅(旧所在 茨城県笠間市片庭) 土間
旧御子神家住宅(旧所在 千葉県安房郡丸山町)
旧作田家住宅(旧所在 千葉県山武郡九十九里町) 土間
ページトップへ