紙本墨画花鳥図〈雪村筆/六曲屏風〉

その他の画像全2枚中2枚表示

絵画 / 室町 / 近畿 

雪村
奈良県
室町
一双
奈良県奈良市学園南1-11-6
重文指定年月日:19830606
国宝指定年月日:
登録年月日:
近鉄グループホールディングス株式会社
国宝・重要文化財(美術品)

雪村は室町時代末期に関東、東北地方を中心として活躍し、独特の個性的な画風を創造した画家である。本図は、牧谿【もつけい】様を学んだと思われる雪村の水墨花鳥図の様式が屏風絵形式に最もよく結実した作品で、構図も破綻なくまとまっており、勢いよく流れる溪流、その中に立つ岩、打ち砕ける波頭など、力感的な雪村画の特色がよく現れている。ミネアポリス美術館所蔵の屏風などとともに、雪村の水墨花鳥図の代表的大作として推賞される。制作は雪村の会津在住の時期とみられる。

作品所在地の地図

関連リンク

紙本墨画花鳥図〈雪村筆/六曲屏風〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

紙本著色雪村自画像
琴高・群仙図
琴高・群仙図

雪村周継

紙本墨画呂洞賓図〈雪村筆/〉
紙本墨画西湖図〈鴎斎筆/六曲屏風〉
紙本著色群仙図〈曽我蕭白筆/三十五歳の款記がある/六曲屏風〉
ページトップへ