刈和野の大綱引き かりわののおおつなひき

その他の画像全5枚中5枚表示

無形民俗文化財 / 東北 

指定年月日:19840121
保護団体名:刈和野大綱引保存会
備考:公開日:毎年旧暦1月15日(※指定当時・お出掛けの際は該当する市町村教育委員会などにご確認ください)
重要無形民俗文化財

 刈和野の大綱引きは、旧暦1月15日夜、刈和野の町を二分して行われる綱引き行事である。上町は雄綱を、下町は雌綱を作り、完成後、両町の境界線近くにとぐろ巻きにして安置する。夕食後、相互に綱の出し合いが始まり、雄綱と雌綱をつなぐと引き合いとなる。数千人の人々が綱につながり勇ましく引き合う。勝負は1回限りで、引き合いは30分間以上およぶこともある。終わると綱は浮島神社境内に奉納される。上町が勝てば米の値段があがり、下町が勝てば豊作になるといわれている。
(※解説は指定当時のものをもとにしています)

関連リンク

刈和野の大綱引きチェックした作品をもとに関連する作品を探す

呼子の大綱引き
但馬久谷の菖蒲綱引き
敦賀西町の綱引き
三朝のジンショ
薩摩川内の大綱引き
ページトップへ