田子神楽 たっこかぐら

その他の画像全3枚中3枚表示

無形民俗文化財 / 東北 

選択年月日:19710421
保護団体名:田子神楽保存会
備考:所在地が同一都道府県内のもの(このデータは種別1から移行しています)
記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財

 この芸能は、青森県三戸郡田子【たつこ】町の八坂神社の祭のおり(旧七月十四、十五日)および、旧正月などに行なわれるもので、権現の獅子頭をまわして祈祷するのを本旨とする山伏神楽・番楽とかいわれる神楽の一種である。
 特に旧正月中は、「春祈祷」と称して各家々を回って祓いをする。これは「舞立ち」「門打ちの通り神楽」などともいい、その練りは古風を遺している。
 岩手・秋田・山形県の同類型の神楽にくらべて、概して囃子のテンポも早く、舞の型の複雑な一類を代表するものといえる。
 曲目は計十六番が伝承されており、「四方番楽」「念寿」「桜子」「機織」などは演技法としても特色が著しく、また五拍子といわれる囃子は、笛・太鼓・手摺鉦の三種で演奏される。
 また、能大成以前の舞曲の面影をもとどめているなど、芸能史的価値も高く評価されている。

関連リンク

田子神楽チェックした作品をもとに関連する作品を探す

伊予神楽
杉沢比山
鷲宮催馬楽神楽
球磨神楽
牡鹿法印神楽
ページトップへ