洲崎踊 すさきおどり

その他の画像全3枚中3枚表示

無形民俗文化財 / 関東 

選択年月日:19731105
保護団体名:洲崎神社氏子会
備考:所在地が同一都道府県内のもの(このデータは種別1から移行しています)
記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財

 この芸能は、千葉県館山市洲崎の洲崎神社の祭りのおり(六月十三日、八月二十から二十二日)に行われるもので、風流小歌踊の系統に属する弥勒踊と鹿島踊とからなっている。
 踊りはいずれも音頭取と締太鼓の回りを輪になって踊るもので、弥勒踊では右手に扇子、左手に持つオンベを肩にし、四肢をからませながら豊富な振りと動きをもって踊る。一方、鹿島踊はオンベを足もとに置き、編笠をかぶり、右手に扇子をもつが、動きは少なく単純な所作の繰り返しで踊られる。
 芸能伝承の事実についてはつまびらかでないが、弥勒踊・鹿島踊ともに鹿島神仰を根本にした芸能として、民俗的にも芸能史的にも貴重なものである。

関連リンク

洲崎踊チェックした作品をもとに関連する作品を探す

西祖谷の神代踊
白石踊
下水流の臼太鼓踊
曽我氏神社神踊
吉浜の鹿島踊
ページトップへ