対馬の釣鉤製作習俗 つしまのつりばりせいさくしゅうぞく

無形民俗文化財 / 九州 

選択年月日:19861217
保護団体名:特定せず
備考:記録:『対馬の釣鉤製作習俗(無形の民俗文化財記録第37集)』(文化庁文化財保護部・平成6年3月31日)
記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財

この習俗は、対馬の厳原における釣鉤の製作をめぐる習俗である。この釣鉤は、第二次世界大戦前までは、九州・瀬戸内海地方だけでなく、北海道、韓国、台湾などまで販路をもっており、今日でも手作り製作技術を良く保っている。(※解説は選択当時のものをもとにしています)

関連リンク

対馬の釣鉤製作習俗チェックした作品をもとに関連する作品を探す

土佐の焼畑習俗
豊後の水車習俗
伊予の茶堂の習俗
出雲の藤布紡織習俗
陸前磐城のオガミサマの習俗
ページトップへ