綾渡の夜念仏と盆踊 あやどのよねんぶつとぼんおどり

無形民俗文化財 / 中部 

指定年月日:19971215
保護団体名:綾渡夜念仏と盆踊り保存会
備考:
重要無形民俗文化財

 綾渡の夜念仏と盆踊は、盆の夜に、地域の人びとが行列を作って歩きながら、さらに所定の位置で立ち止まって、鉦【かね】を打ち念仏を唱和する夜念仏と、それに引き続いて行われる歌だけに合わせ三味線や太鼓などの楽器を使わない盆踊である。これが伝承される足助町綾渡は、愛知県の東北部にあたり、標高五〇〇メートルを超える山間にひらけた集落である。
 この夜念仏と盆踊は、綾渡の平勝寺【へいしようじ】境内を中心に行われる。八月十日と十五日の夕方に、平勝寺境内にある綾渡集会所に保存会の人びとが集まり、鉦や平笠【ひらがさ】などの用具を整え、夜七時過ぎに、平勝寺参道入口の「幟立【のぼりたて】」と呼ばれる場所に夜念仏を行う男性たちが移動し、寺に向かって行列を整える。人びとは平笠をかぶり、浴衣に角帯【かくおび】をしめ、腰に白扇【はくせん】をさし、白足袋【しらたび】に下駄を履いている。行列の先頭と最後に一人ずつ、それぞれ切子【きりこ】灯籠を棒から下げたものを持つ者が立つ。地元では、この灯籠を「折子【おりこ】灯籠」あるいは単に「折子」と呼び、それを持つ者も「折子」と呼んでいる。先頭の「折子」の次に香炉【こうろ】を両手で捧げ持つ「香焚【こうたき】」と呼ばれる者が一人並ぶ。この「香焚」は全体の統率者で「年行事」と呼ばれる役の者がなる。その後ろに、左手に直径約一〇センチメートルの鉦と、右手に撞木【しゆもく】を持った人びとが縦二列に並ぶ。この二列の先頭の二人を「音頭【おんど】」と呼び、音頭に続く人びとを「側【がわ】」あるいは「側衆【がわしゆう】」と呼ぶ。最後は先に述べた「折子」であ…

関連リンク

綾渡の夜念仏と盆踊チェックした作品をもとに関連する作品を探す

綾渡の夜念仏と盆踊
下伊那のかけ踊
新野の盆踊
新野の盆踊
西馬音内の盆踊
ページトップへ