その他の画像全2枚中2枚表示

染織 

指定年月日:19950531
重要無形文化財

 羅は、経糸が互いに絡【から】み合う複雑な捩【もじ】り織、搦【から】み織の組織を織り出す染織技術である。古代に盛んに織られた後中世以降衰退したが、近代に至ってその制作技法の復元が積極的に試みられた。
 精緻を極めた薄物の羅には、無文【むもん】の羅と文様を織り出した文羅【もんら】があり、その組織は、網捩り、籠捩りのほか、さらに平組織を併用した特殊な羅がある。
 近年、伝統的な技法を基本としながら、素材の吟味や織り方の創意工夫が加えられ、特殊な透文羅【とうもんら】、金糸を織り込んだ羅金【らきん】などの複雑な技法を駆使する活発な制作活動が行われており、歴史的にも芸術的にも価値の高い工芸技術となっている。

関連リンク

チェックした作品をもとに関連する作品を探す

碧地透文羅裂地
碧地透文羅裂地

北村武資

芭蕉布
綴帯 連想
綴帯 連想

細見華岳

群青地透文羅裂
群青地透文羅裂

北村武資

献上博多織
ページトップへ