鵤庄引付 いかるがのしょうひきつけ

その他の画像全2枚中2枚表示

 / 室町 / 近畿 

室町
紙本墨書、袋綴装冊子本
縦30.5㎝ 横22.0㎝
1冊
重文指定年月日:20120906
国宝指定年月日:
登録年月日:
宗教法人斑鳩寺
国宝・重要文化財(美術品)

『鵤庄引付』は、播磨国にある法隆寺領の庄園である鵤庄を支配する上で、執務の便宜のために政所が代々書き継いだ記録である。本書は、天文十年(一五四一)の寺焼亡の難を逃れた記録類を取り集めて一冊にしたもので、応永五年(一三九八)から天文十四年(一五四五)までの中世後期における百姓逃散、勧進猿楽などの記事がみえ、村落生活の実態を知る上で貴重な史料である。

関連リンク

鵤庄引付チェックした作品をもとに関連する作品を探す

峯相記
紀伊国〓田庄絵図
実隆公記
物語類并注釈書
上井覚兼日記
ページトップへ