琉球藍製造 りゅうきゅうあいせいぞう

文化財保存技術 

選定年月日:19770511
選定保存技術

琉球藍は、本土の藍とは別種で沖繩で古くから栽培され、藍染の染料として使用されており、沖繩の伝統染織にとって欠かせないものである。沖繩は伝統染織の豊庫といわれるほど多彩な伝統染織の技法が伝承されているが、そのほとんど(例えば芭蕉布【ばしようふ】・紅型【びんがた】・宮古上布【みやこじようふ】・琉球絣【りゆうきゆうがすり】・紬【つむぎ】等)に琉球藍が使用される。
 現在、この藍の生産は、沖繩県本部町伊豆味の近郷に限られるだけとなり、沖繩の伝統染織にとってきわめて貴重な存在となっている。

関連リンク

琉球藍製造チェックした作品をもとに関連する作品を探す

芭蕉布
芭蕉布着尺「サバキバー マユビチー」
宮古上布着尺(中柄)
宮古上布着尺(中柄)

宮古上布保持団体

首里の織物
宮古上布着尺(大柄)
宮古上布着尺(大柄)

宮古上布保持団体

ページトップへ