中田横穴 なかたよこあな

その他の画像全2枚中2枚表示

史跡 / 東北 

福島県
いわき市平沼ノ内
指定年月日:19700511
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

 中田横穴は、夏井川河口の南約5キロにあり、太平洋岸に派生する砂質凝灰岩丘陵の北斜面に位置する。横穴は5基が三段に並列しているが、そのうち最下段の1号横穴は、複室形態の装飾壁画をもった横穴である。装飾は後室の三周壁に赤色と白色の三角連続文(一辺約40センチ)を基本形として三段に分けて描かれ、上段は逆正三角形、下二段は正三角形を配している。三角文の多くは、細い線刻で輪郭が施してあり、また赤色三角文は、白色顔料を下地として描かれている部分もある。後室前壁(羨門上部)でも、基本形は三角文であるが、赤色単彩で2本の弧状線の間に鋸歯状文が描かれている。なかでも稀有の例として注目されることは、床面の全体に赤色彩色が認められることである。内部施設は、羨道部に排水溝を設け、各羨門部には閉塞のための造作があるなど、横穴の形態をよく保っている。
 出土遺物は玉類・直刀・挂甲片・金環・金銅製雲珠・銅釧・馬鈴・金銅製大馬鈴・鈴杏葉・紡錘車・珠文鏡・銅製容器蓋・須恵器などきわめて豊富である。特異な装飾を有する複室の横穴として稀少な遺跡である。

作品所在地の地図

関連リンク

中田横穴チェックした作品をもとに関連する作品を探す

羽山横穴
大坊古墳
チブサン・オブサン古墳
永安寺東古墳・永安寺西古墳
弁慶ヶ穴古墳
ページトップへ