小幡北山埴輪製作遺跡 こはたきたやまはにわせいさくいせき

その他の画像全7枚中7枚表示

史跡 / 関東 

茨城県
東茨城郡茨城町
指定年月日:19920121
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

 茨城県の中央部を東流する涸沼川は、下流に涸沼を形成し、那珂川の河口付近に合流して太平洋に注ぐ。小幡北山遺跡は、この涸沼川の南岸台地上に所在するわが国最大の埴輪製作遺跡である。遺跡は涸沼川の支流が開析した浸蝕谷の最奥部に位置し、東西に分岐した幅五~一〇メートルの小支谷沿いに展開する。付近はカベット(壁土)山と呼ばれるように古くから良質粘土を産出する地域として知られ、台地縁の各所には豊富な湧水が存在するなど、窯業生産に適した自然環境にある。
 遺跡の発見は昭和二十八年に遡り、入植者の開墾に伴って多量の埴輪が出土したことにより、研究者の知るところとなった。その後本格的な調査がなされぬまま、埴輪を出土した東側支谷を中心に埴輪窯の存在が推定されてきたが、昭和六十二年には西側支谷からも新たな窯跡が発見され、遺跡が予想以上に広範囲に及ぶことが明らかになった。このため急遽同年から翌年にかけて、三次にわたる遺跡の範囲確認調査が実施され、約八ヘクタールに及ぶ遺跡の全容が解明された。
 発見された遺構は、埴輪窯五九基、工房跡八棟、粘土採掘坑二か所などであるが、その大半が部分的な確認にとどまる。
 窯跡は谷に面した高さ六メートル前後の台地斜面に構築され、東西の支谷沿いに五群に分かれて分布する。東方支谷側には台地西斜面を中心に二八基の窯跡があり、約八〇メートル離れて南北二群が存在する。北群二一基、南群七基からなるが、窯跡はいずれも二~七メートルの間隔で整然と並び、相互の重複は認められない。西方支谷側には台地南斜面を中心に二九基の窯跡が東西二群に分かれて分布する。…

作品所在地の地図

関連リンク

小幡北山埴輪製作遺跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

小杉丸山遺跡
大室古墳群
誉田白鳥埴輪製作遺跡
柿右衛門窯跡
寺野東遺跡
ページトップへ