旧遷喬尋常小学校校舎 きゅうせんきょうじんじょうしょうがっこうこうしゃ

近代その他 / 明治 / 中国・四国 

岡山県
明治/1907
木造、建築面積601.2m2、二階建、スレート及び桟瓦葺、
背面出入口二所附属
1棟
岡山県真庭市鍋屋17番1
重文指定年月日:19990513
国宝指定年月日:
重要文化財

旧遷喬尋常小学校校舎は,明治38年7月に着工,同40年7月に竣工した。設計は,岡山県工師江川三郎八が関わったと伝え,工事監督は中村錠太郎,施工は津山町の高橋岩吉である。平成2年に学校が移転したため,現在は町立文化施設の付属施設として多目的に利用されている。
 中央棟の東西に両翼棟が取り付く左右対称型の平面を持ち,独特の意匠になり,比較的規模が大きく保存状況も良好である。我が国において学校建築の設計基準が確立した後にあたる明治後期の代表的学校建築のひとつで,中国地方における小学校建築の歴史を知る上で価値が高い。

作品所在地の地図

関連リンク

旧遷喬尋常小学校校舎チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧旭東幼稚園園舎
閑谷学校資料館
旧岩科学校校舎
旧登米高等尋常小学校校舎
旧高野口尋常高等小学校校舎
ページトップへ