袈裟襷文銅鐸/大阪府羽曳野市西浦出土 けさだすきもんどうたく/おおさかふはびきのしにしうらしゅつど

その他の画像全2枚中2枚表示

考古資料 / 弥生 / 近畿 

大阪府
弥生
1口
羽曳野市島泉8-8-1
重文指定年月日:19910621
国宝指定年月日:
登録年月日:
国(文化庁)
国宝・重要文化財(美術品)

本鐸は、昭和五十三年九月二十七日、大阪府羽曳野市西浦小学校の校舎改築現場から見つかり、直ちに市教育委員会が調査した。銅鐸は、幅六五センチ、深さ三五センチの穴に四五度の角度で埋められていた。
 銅鐸の形状は、鈕の形式による分類では突線鈕式で、鈕の外縁と鰭の外縁に双頭渦文の飾耳がつき、舞の上部に鈕脚壁がある。外面の文様は六区袈裟襷文で区画内の文様はない。鈕の中央の綾杉文帯に太い突線を入れ、鋸歯文帯の斜線はすべて方向を揃える。

作品所在地の地図

関連リンク

袈裟襷文銅鐸/大阪府羽曳野市西浦出土チェックした作品をもとに関連する作品を探す

突線袈裟襷文銅鐸/滋賀県野洲郡野洲町小篠原大岩山出土
袈裟襷文銅鐸
銅鐸(静岡県三ヶ日町出土)
銅鐸
吉野ヶ里遺跡出土銅鐸
ページトップへ