岩手県八天遺跡土壙出土品 いわてけんはってんいせきどこうしゅつどひん

考古資料 / 縄文 / 東北 

岩手県
縄文
一括
北上市立花14-59
重文指定年月日:19920622
国宝指定年月日:
登録年月日:
国(文化庁)
国宝・重要文化財(美術品)

 八天遺跡は、北上市街地の北東約四キロ、北上川中流域左岸の段丘上に形成された集落遺跡である。
 土製品は、いずれも素焼きで、ほぼ実物大に形成され、縁片部には円孔が幾つかずつ穿たれている。また、その造形表現は、耳・鼻形土製品がきわめて写実的であるのに対し、口形土製品は口唇に無数の突起を作り、口髭の抽象的な表現を想わせる。

作品所在地の地図

関連リンク

岩手県八天遺跡土壙出土品チェックした作品をもとに関連する作品を探す

土偶/岩手県紫波郡都南村手代森遺跡出土
岩手県蒔前遺跡出土品
上野千網谷戸遺跡出土品
八天遺跡
千葉県南羽鳥中岫1遺跡土坑出土品
ページトップへ