紙本著色牧馬図〈長谷川信春筆/六曲屏風〉 しほんちゃくしょくぼくばず〈はせがわしんしゅんひつ/ろっきょくびょうぶ〉

その他の画像全8枚中8枚表示

絵画 / 室町  安土・桃山 / 関東 

長谷川信春
東京都
室町~安土桃山
一双
東京国立博物館 東京都台東区上野公園13-9
重文指定年月日:20050609
国宝指定年月日:
登録年月日:
独立行政法人国立文化財機構
国宝・重要文化財(美術品)

 本図は、両隻の下隅に料紙の一部を削り取った痕がある。現状では款記印章は見られないが、『増訂古画備考』に、当初は袋形信春印が捺されていたと記されており、この損傷が、同印の捺されていた箇所と考えられる。また、作風からも、長谷川等伯【とうはく】(一五三九~一六一〇)が信春【しんしゅん】と称した若年期の制作として、広く認められている。
 制作時期としては、まず、袋形信春印使用時期の下限は現在のところ不明である。また、従来は、能登から京都に移住した時期として、本法寺蔵日堯上人像が制作された元亀三年(一五七二)ころと考えられてきたが、近年は能登京都往還の時期を設定し、京都への定住は従来より下る天正期(一五七三~九二)とする考え方が提出されている。
 本図の場合は、片ぼかしの土坡【どは】と流水を主体とする未整理な景観描写、景物を画面に充満させるかのような特異な構図感覚、樹木の皴、形態把握等に見る漢画技法の未熟さ、両隻の端に金泥で源氏雲が表されていることなどから、かなり早期の制作である可能性が高いであろう。画題の上で、放牧された馬を広い山野に追いかけ、自在に馬を操る武士の勇壮さをとらえることに関心を示すこと、武士の着衣が華美なものでないことからも、京都より地方の武家の嗜好に応じていると想像され、京都の画壇に本格的にふれる以前の作と推定される。
 さりながら、右隻左端の二株の柳樹は三宝院柳の間の四季柳図を彷彿とさせ、左隻右寄りの草花の描写や、草木の葉の色彩感覚は、智積院障壁画の秋草にも通じるなど、後の代表作と共通する要素も見受けられ、等伯の著彩画独特の特…

作品所在地の地図

関連リンク

紙本著色牧馬図〈長谷川信春筆/六曲屏風〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

春耕図
春耕図

長谷川等伯(信春)

紙本金地著色萩芒図 長谷川等伯筆六曲屏風
牧馬図屏風
牧馬図屏風

長谷川等伯筆

恵比須大黒・花鳥図
恵比須大黒・花鳥図

長谷川等伯(信春)

紙本著色群仙図〈曽我蕭白筆/三十五歳の款記がある/六曲屏風〉
ページトップへ