紙本著色歌舞伎草紙 しほんちゃくしょくかぶきぞうし

その他の画像全2枚中2枚表示

絵画 / 安土・桃山  江戸 / 中部 

愛知県
安土桃山~江戸
2巻
徳川美術館 愛知県名古屋市東区徳川町1017
重文指定年月日:20040608
国宝指定年月日:
登録年月日:
公益財団法人徳川黎明会
国宝・重要文化財(美術品)

 歌舞伎ははじめ洛中洛外図の点景として数多く描かれるが、やがて独立した画題としても多彩に展開した。
 本図は詞書のはじめに「采女序」とあることから、歌舞伎を創始した阿国の追随者のひとりである采女の舞台を描いていることがわかる。近年の修理によって二巻となったが、元来は一巻本で、「ふじのおどり」「しのびおどり」「いなばおどり」「かねきき」「して」と題された五種の踊りと、最後に初期女歌舞伎の最も代表的な出し物である「茶屋遊び」を描くものである。詞書の冒頭には、本図が四条河原で活躍し、小歌を得意とした采女という女性の歌舞伎踊りを表したものであることが述べられ、続く五段の詞に踊り歌の歌詞が書されている。最後の詞書は歌舞伎を礼賛する内容の文章となる。
 冒頭の「ふじのおどり」では、年少の童女ふたりが扇を手に踊っており、歌舞伎踊りに先行するややこ踊りを彷彿とさせる。その他の段も舞台に描かれた踊り手の数はきわめて少なく、囃子方も笛一名、小鼓二名、大鼓一名、太鼓一名と小編成である。さらに、「茶屋遊び」の段には他の歌舞伎図に見出される「はな」の描写のなかでも最も古様な木の葉が描かれているという指摘があり、本図はきわめて初期的な女歌舞伎の芸態を表していると考えられている。以上から、多くの遊女が群舞する遊女歌舞伎とは異なり、本図は慶長八年(一六〇三)に史料に初見する阿国歌舞伎からさほど隔たらない初期女歌舞伎のありさまを画面にとどめる貴重な作例といえる。
 本作品の絵画表現は、数ある歌舞伎を描いた絵画のなかでも最も優れている。歌舞伎に興じる老若男女、貴賤僧俗多彩な…

作品所在地の地図

関連リンク

紙本著色歌舞伎草紙チェックした作品をもとに関連する作品を探す

歌舞伎図巻
阿国歌舞伎図
秋保の田植踊
紙本白描源氏物語絵(浮舟・蜻蛉巻残巻)
小河内の鹿島踊
ページトップへ