日拝塚古墳 ひはいづかこふん

その他の画像全2枚中2枚表示

古墳 / 九州 

福岡県
春日市下白水南
指定年月日:19760224
管理団体名:春日市(昭51・4・16)
史跡名勝天然記念物

S50-12-044[[日拝塚]ひはいづか]古墳.txt: 日拝塚古墳は博多平野にあり、那珂川の右岸の低段丘上に立地する前方後円墳である。古墳は前方部を西に向けており、全長41.2メートル、後円部径22メートル、高さ5.9メートル、前方部幅34メートル、高さ5.4メートルを測る。墳丘は段築が明瞭で、葺石、埴輪は認められない。石室は後円部中央に設けられ、西南に開口する単室の横穴式石室である。玄室は長さ3.6メートル、幅2.6メートル、高さ4メートルである。羨道は長さ4.8メートルで玄室から2.5メートルは幅約1メートル、高さ1.5メートルを有する。玄室奥壁寄りに屍床があったといわれるが現在は残っていない。昭和4年に開口したおり、多量の出土品が知られ、獣形鏡1面・金製垂飾付耳飾1・金環4をはじめとする装身具類、環頭柄頭をもつ太刀1をはじめとする武具類、鉄製輪鎧3組などの馬具類、須恵器等多数があり、現在東京国立博物館に保管されている。本古墳は前方部が発達した平面形を示しており、出土品の特色からもこの地域で6世紀に属する後期の古墳として典型的なものである。

作品所在地の地図

関連リンク

日拝塚古墳チェックした作品をもとに関連する作品を探す

観音山古墳
瓢塚古墳
水泥古墳
西宮山古墳 装身具 金製心葉形耳飾
矢立山古墳群
ページトップへ