世界平和記念聖堂 せかいへいわきねんせいどう

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 昭和以降 / 中国・四国 

広島県
昭和/1954
三廊式教会堂、鉄筋コンクリート造、建築面積1,227.67平方メートル、三階建、地下一階、鐘楼付、銅板葺
附・正門 1基
1棟
広島県広島市中区幟町4番29号
重文指定年月日:20060705
国宝指定年月日:
カトリック広島司教区
重要文化財

 世界平和記念聖堂は,広島市中区幟町に所在し,昭和20年8月6日の原爆犠牲者を弔い,世界平和の実現を祈念する場として企図された教会堂である。設計は村野藤吾で,昭和29年の原爆記念日に献堂された。
 全長57メートルで,東端に花弁形平面のドラムを建ち上げ,北側西寄りに鐘塔を建てる。平面は東方を内陣とした三廊式バシリカ会堂である。
 世界平和記念聖堂は,被爆都市広島における世界平和の実現を祈念する戦後復興建築の先駆的建築で,堂や塔などの全体構成や量的比例が優れている。
 日本的性格と記念建築の荘厳さを備えつつ,新しい時代に適応した宗教建築を実現したことで高く評価され,戦後村野藤吾の原点となる作品として重要である。

作品所在地の地図

関連リンク

世界平和記念聖堂チェックした作品をもとに関連する作品を探す

平和記念公園
広島平和記念資料館
田平天主堂
宇部市渡辺翁記念会館
原爆ドーム(旧広島県産業奨励館)
ページトップへ