対馬宗家関係資料 つしまそうけかんけいしりょう

歴史資料 / 江戸  明治 / 関東 

東京都
江戸~明治
895点
東京都港区三田2-15-45
重文指定年月日:20080710
国宝指定年月日:
登録年月日:
学校法人慶應義塾
国宝・重要文化財(美術品)

江戸時代に朝鮮国との外交・貿易を独占的に管掌した対馬宗家の江戸藩邸で作成・保存された資料である。明治初年から江戸の菩提寺養玉院で保管されていたが、後に大半は南葵文庫と慶応義塾とに分割して購入された。慶應義塾所有となった資料のうち重要文化財の対象は、原則として明治政府の外交権接収により、宗家がその役割を外務省に継承した明治五年(一八七二)までの資料である。
 中心をなす朝鮮通信使記録は、通信使と関係する各役職で作成された文書をもとに、対馬宗家において編纂したもので、清書に近い段階の下書きである。正確さを期して数度の校訂が重ねられ、清書に準ずる本記録は江戸に、清書本は国許に備えられたと考えられる。本記録の原表紙には「信使記録下書」「清書済」「読合済」等とあり、本文中の訂正の跡から清書に至る校訂の過程がうかがえる。なお、清書本は現在韓国国史編纂委員会に所蔵されている。
 本記録は江戸時代に一二回来日した使節のうち、徳川綱吉の襲職を祝う天和二年(一六八二)の通信使から、最後となる文化八年(一八一一)の対馬における易地聘礼までの後半六回の記録であり、さらに天保期以降の来聘・延聘交渉の記録からなる。中でも新井白石が応接儀礼の大改変を行った正徳元年(一七一一)の通信使記録は一四五冊を数え、最もまとまっている。
 記録の内容は、通信使派遣要請に伴う交渉・準備段階から通信使が帰国するまでの一連の有様をきわめて詳細に記したもので、聘礼等の儀礼、国書の書式、贈答品、饗応の献立、途次の通信使の動向など通信使来聘に伴う各事項毎に、整然と分類整理されている。また、来…

作品所在地の地図

関連リンク

対馬宗家関係資料チェックした作品をもとに関連する作品を探す

対馬宗家倭館関係資料
朝鮮通信使遺跡<BR/> 鞆福禅寺境内<BR/> 牛窓本蓮寺境内<BR/> 興津清見寺境内
対馬宗家関係資料
徳川家宣国書写
徳川家宣国書写

日本国王源家宣

長崎奉行所関係資料
ページトップへ