伊勢国府跡 いせこくふあと

その他の画像全2枚中2枚表示

史跡 / 近畿 

三重県
鈴鹿市広瀬町
指定年月日:20020319
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

 三重県北部を流れる鈴鹿川南岸の台地上南辺,標高約50mに立地する古代の国府跡である。従来,この周辺は長者屋敷遺跡と呼称され,東西約600m,南北約800mの範囲に古瓦が大量に散布していることが知られていた。平成4年度から鈴鹿市教育委員会が発掘調査を行ったところ,国庁と国司館などと推定される関連施設2箇所が確認された。遺跡南辺の通称矢下地区に国府の中心施設である国庁が所在し,その北側約200mの通称長塚地区と,さらにその東側約300mの通称南野地区に関連施設が所在する。
 国庁は東西約80m,南北約110mの築地の区画のなかに,正殿と後殿が前後に並び,正殿の東西に南北棟の脇殿が配置される。正殿と後殿・脇殿は軒廊でつながる。建物はすべて礎石建ち,瓦葺きであり,それぞれ基壇を備えている。基壇は現存高約1mで、礎石の一部は地表面に見えており,全体の遺存状況はきわめて良好である。正殿は桁行5間・梁間3間の身舎に4面廂をもつ。南面築地の中央には南門が取り付き,築地の両側には溝が伴う。国庁の配置・構造は近江と類似する。国庁の西側には国庁と同じ規模の築地の区画があり,大型の四面廂付き建物が配置される。二つの築地区画の北東側にも大型の掘立柱建物がいくつか分布する。
 国庁北側の長塚地区には,東西棟の大型建物の基壇が南北に2基並び,その西側に南北棟建物が配置される。この南北棟建物の雨落ち溝から屋根瓦が葺かれた状況で出土している。南野地区には,両面廂をもつ南北棟建物の基壇が残っており,その東にさらに基壇1基が確認できる。基壇の西側には土塁状の高まりがあり,区画施設と推定…

作品所在地の地図

関連リンク

伊勢国府跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

近江国府跡<BR/> 国庁跡<BR/> 惣山遺跡<BR/> 青江遺跡<BR/> 中路遺跡
美濃国府跡
肥前国庁跡
伊賀国庁跡
東山官衙遺跡
ページトップへ