白米山古墳 しらげやまこふん

その他の画像全2枚中2枚表示

古墳 / 近畿 

京都府
与謝郡与謝町
指定年月日:20020319
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

白米山古墳は古墳時代前期の墳丘長約90mの前方後円墳である。古墳のある加悦町は,丹後半島のつけ根,天橋立のある宮津湾・阿蘇海にそそぐ野田川の中流域にあり,丹後地方でもっとも広い平野をもつ。古墳は東側の丘陵が野田川の形成した平野につきだした先端部分にある。史跡になっている蛭子山古墳と作山古墳群は,白米山古墳の北約1.5kmに位置する。
 白米山古墳は昭和のはじめには存在が知られており,墳丘の測量が何度かなされ, 昭和62年には京都府の文化財に指定されている。その後,平成6年に国道176号線バイパスが古墳の脇に開通したことにより,道路沿いの開発が予想されるようになったため、保存を目的とする範囲確認調査を平成8年〜10年の3カ年にわたって加悦町教育委員会が実施した。
 本古墳は,西方の平野部からの比高20mほどの小丘陵上に立地し,前方部を北に向ける。墳丘長約90m,復円部の直径約52m,高さ約8m,前方部の幅約31mの規模をもつ。前方部は先端でやや開く形態である。墳丘は二段築成で,前方部は後世の改変を受けているが全体に遣存状況がよく,復円部では葺石が墳頂近くまで残っている部分もある。復円部のテラス面には礫敷を施している。後円部では調査範囲で複数の主体部が認められたが、中心主体は第1主体とよぶ東西方向の竪穴式石室である。長さ約4mと推定され、天井石6枚を確かめている。この竪穴式石室への埋葬に際して、それを囲み前方部に開いたT字形に杭を打ち込んでいること、また復円部の縁辺に柱列をめぐらせていることが確かめられた。また、テラス面にも小石室や石棺などの埋葬施設が認められ、さらに墳丘の周辺には方形を基調…

作品所在地の地図

関連リンク

白米山古墳チェックした作品をもとに関連する作品を探す

津田古墳群
弘法山古墳
日吉ヶ丘・明石墳墓群
黒塚古墳
黒姫山古墳
ページトップへ