絹本著色十一面観音像 けんぽんちゃくしょくじゅういちめんかんのんぞう

その他の画像全2枚中2枚表示

絵画 / 平安 / 近畿 

奈良県
平安
1幅
奈良国立博物館 奈良県奈良市登大路町50
重文指定年月日:
国宝指定年月日:19920622
登録年月日:
独立行政法人国立文化財機構
国宝・重要文化財(美術品)

 十一面観音は変化【へんげ】観音のなかでも早くに成立し、日本でも奈良時代以来信仰され続けている。本図観音像は唐の玄奘【げんじよう】訳『十一面神呪心経【じゆういちめんしんじゆしんぎよう】』に説かれる姿に等しく、右手に数珠、左手には蓮華を挿した瓶(軍持【ぐんじ】)を持っている。頭上には仏面を含め菩薩【ぼさつ】面・瞋怒【しんぬ】面・狗牙上出面【くがじよしゆつ】・大笑【だいしよう】面を表す計十面の顔を載せ、悟りに至る十一の段階に対応しているとされる。
 本像の特色は顔を斜め向きに表現していることと、肉身に強い隈取【くまど】りが施されていることである。前者に関しては、平安時代後期の図像集『別尊雑記【べつそんざつき】』に掲載されている像と合致するものの、正面向きに表されることが一般的な仏画遺品のなかにあって特異な位置を占める。類例としては宝山寺蔵弥勒【みろく】菩薩像(鎌倉時代)や、図像集『諸観音図像』所載の大安寺東塔聖観音像【しようかんのん】像がある。これらは奈良時代の伝統を守る復古的な作品とみられるが、本像のように腹部に下裳を表す例が、大安寺蔵楊柳【ようりゆう】観音立像や正倉院の漆仏龕扉梵天【うるしぶつがんとびらぼんてん】像にかろうじて認められることとあわせて、本像が奈良時代の図像に則っていることを推測させる。淡い肉身表現による全体に穏和な色調を好んだ平安仏画のなかにあって、本像が強い隈取りを肌に施していることも、奈良あるいは平安時代初期の仏画表現に倣ったものと考えられる。
 いっぽうで、色隈【いろぐま】と暈繝【うんげん】を多用し豊富な切金【きりかね…

作品所在地の地図

関連リンク

絹本著色十一面観音像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

十一面観音像
千手観音像
木造十一面観音立像
聖観音像  
五大明王像
ページトップへ